表現しようと頭の中を覗き込む。

その過程で、思いはあっちこっちに

飛び回る。

というのが表現か?

2021年 9月 9日 

 高曇り。ところどころ青空、秋の。乾いた少し暑い空気。


昨日だけ雨が降った。仙台の古い小学校の児童館で、船で遊ぶという活動をすることになっていた。狭い児童館の館庭に孟宗竹を縦に割った水路を作り、小さい船を作って競争して遊ぶつもりだった。

もともとは、仙台駅東口から宮城野原野球場までの通りにある歩道の渡渉水路で、僕が小さい木の船ー長さ2センチもないようなーを2隻作って、競争させて遊んでいたことを仲間に話したら、それ面白いから子供にさせましょうということになってしまったのだ。

流れていく水とともに、よろよろ動いていく小さい船(目を放すと見えなくなる様な)をジッと見ながら、こちらもよろよろと動いていき、ゴールまで手を触れずに行って、こっちが勝ちとかいうだけの遊びは、相当大きくなって(ワビサビを理解できるくらい)からでないと、面白くないのだが、なぜか、日本では、こういうのは、子供に回されてしまう。

とはいえ、いったいどうなるのだろうと思っていたら、天は我に味方して、きちんとした雨降りの日になった。狭い館庭はいくつかの水溜まりができ、そこをぬって川が出来始めている。水路を作るつもりで切ってきた(近くのお宮の裏庭からもらってきた)孟宗竹があるということはその葉っぱもあるわけだから、集まった人たちと笹舟を作る。これが初めてという人が多いんだなあ。笹舟制作教教室をまず始める。出来た人は、まだの人に教える。その間に大人は流れをつないで、水溜まりを大きくしていく。と考えていたがそんなことをするまでもなく雨はどんどん降ってきて、水溜りは全部繋がっていった。で、こっちの端に細い竹を2本立てSALEGPのようなゴールにして、反対側から笹舟を流す。水面に置いたら触ってはダメ。フウフウ吹く人や、夏に違う活動で作ったうちわを探し出してくる人や、大騒ぎ。雨降ってくるし。雨つぶの爆弾攻撃はあるし。だいたい笹舟は、すぐ浸水してくるし。でも、運のいい船は、ちゃんとゴール。大騒ぎの大面白さ。外に出る前に透明ゴミ袋で、各自カッパを作ってから始めたのだが、スカートを履いた女の子たちの何人かは、しゃがんでやるので裾だけドロだらけ。しかし、こういうの本当に面白い。大人がそんなにいろいろしなくても、本当に面白いことはいつだって本当に面白い。僕だけか?


 予防接種はすんだ。

涼しくなったので、再び里山へ。


2021年 9月4日 涼しい、曇り。

様々な活動が、延期や、中止になっている。僕の小さい人たちとの活動も。5月に家族用のミニバンが、6丁の目の交差点の前で突然壊れた。ま、約20万キロにならんとしていたのだから、満足だ。とは言え、予想外の出費があり、収入源だった、活動も軒並み延期で、基本年金生活者としては、今、手元不如意。

そういうときに、遠くの美術館にいる若い友人から、美術館教育を巡る質問がきた。そこでも、学芸員たちを中心に美術館教育を熱心にしているのだが、何かしっくりこないという。なぜですか?さて、


博物館ー今回は美術館ーにおける、教育普及をめぐっては、はじめにいくつか確認しておかなければいけないことがあります。

①社会教育と学校教育の、教育全体の中での「各館の」立ち位置の自覚

②美術と図工の違いの自覚

これらがうまく検討され討論ーまたは話し合いーがなされれば、貴女の問題ーまたは違和感ーは無くなるのではないか。それは、貴女の思っているようになるということではなく、違和感がなくなるということだけなのだが。


「教育する、される」ということと、個人が「美術化される、なる」ということの微妙な違いを、いかに楽しく自覚するかというあたりに、「美術館での教育の存在の意義」があります。これが、学校教育の中での図工では、なかなかしにくいので、美術館教育での美術教育のダイナミックな面白さが出てくるのです。

まず自覚しなければいけないのは、公共の美術館にある基本的な美術作品の収集は「美術の収集」で、「うまく描いてあるものの収集」ではないということです。美術館に来たら、「うわあ、これ下手だあ。」と言ってよいのです。「これ、絵の具の無駄遣いではないの?」と言ってよいのです。それをみんなで言える(う)ために、あんなに様々な異なる種類の作品が、まとめて並べて飾ってあるのです。

みんな同じにうまく見えるときは、制作年をチェックしましょう。そしてその時期に何がうまいと言われていたか考えましょう。というようなことができると面白い(深い)のです。

冷静に考えれば、個人の家で、美術館のように絵を飾ってあるところはありません。玄関に飾ってあるのと、応接間に飾ってあるのと、階段の踊り場にあるのと、台所にあるのと、出口にあるのとが、こんなにも違うようにできることが、公共の美術館の公共たる所以なのです。先に「公立の」と断ったのはそのためです。個人の館(家)では、そうではありません。入り口から出口まで、統一された美意識を、これでもかと展示して構わないのです。

美術館でやるべき(美術)教育が、なんとなく見えてきたでしょうか?学校では、短期間に、知るべきことをある程度まで均一に知ることが目的です。社会教育では、そうして知ったことを使って、個人を個人化することを目的にします。

ということが自覚されていれば、あとは各館のやり方なのです。その舘のそういうことが、なんとも納得がいかない人は、どこが納得いかないか細かく見つけるしかありません。もしかすると単に話し方が気に入らないということなのかもしれません。僕がここまで話してきたことそのものを点検しようとしている舘なのかもしれません。

新たな知識を教え知らしめようとだけするのは、まるで学校で、社会教育でそうするときは、それによって何がどのように、個人に還元されるかを意識的に公開すべきです。でも、今の日本の教育環境では、そのこと自体を自覚できないようにしているのかもしれません。

美術家は、その時のその自分の自覚をできるだけ直接視覚表現にするのが仕事です。それを広範囲に受け止めるのには、美術とはそういう為になされているものなのだという大きな自覚が受け止める方になければいけません。そのためにも、美術館はあります。企画する方になぜ美術館があるのかという自覚が強くあれば、ここまで話してきたことは概ねなされているでしょう。


これまでにも、近代についてや、何やかやについての質問がきた。作家が学芸員をすると、研究者から学芸員になった人たちと、少しずれる。 特に美術館では?なのだろうか。でも、自然歴史系の博物館でも、うまくいっているところとそうでないところは、あった。学校教育と社会教育の自覚のズレは、大きいように思う。また、少しずつ書いていこう。


 知っていることだけが

見える。

見えるものは

自分だけの世界。


210324

朝と昼の気温差が大きい、乾いた空気。

快晴無風。


一昨日、愛知から帰ってきたように感じているが、思えば、既に10日も過ぎている。いやはや。

今回、愛知県豊田市美術館に呼ばれて、鑑賞ボランティアの人たちと、対話型鑑賞をめぐる様々について点検をした。などと言ってはみたが、なにしろ、豊田市美の規模は、僕の歩いた感じでは、展示室も庭園も、宮城県美の4倍ぐらいはある感じだった。普通の日でも、開館前から、入館する広範囲な年齢の人たちが、入り口の前に列を作る。金沢21世紀美術館と違って、(時期もあるだろうが)ほぼ全員日本人のように思えたが。毎回思うが、箱根の山から西は、僕の知っている日本とは違う国のようだ。

1日目、美術探検を巡る、美術と鑑賞について。2日目、美術館探検を巡る、10歳以下の人たちを対象に考える、美術と教育について。3日目、1日かけて補足と、質疑応答。

全て録音/録画して、文字起こしする予定という。

参加した人たちは、開館以来のボランティアの人たちで、みんなほぼ25年選手。僕とほぼ同じ年齢の人も多い。豊田市美は早くから「なぜ、これがアートなの?」の展覧会を開いていて、アメリア/アレナスの講演会も行っている。ここにきて、アメリアのやり方と、自分たちのやり方とのすり合わせを確認したいという風な想いを、僕は感じた。

ということを、行ってみて、初めてわかった。文字を読んで解ると、現場を歩いて解るの差は、果てし無い。


そういう美術館に、ほぼ1週間かけて、仙台港から名古屋港までフェリーに乗って往復してきた。考えることは、広範囲に、深く広くあった。行きと帰りの船は違っていたが、部屋は同じ側の海の見える窓付きだったので、行きはずっと海、帰りはずうっと陸が見えていた。海や空だけを、ずうっと見ていられることがわかって嬉しかった。見るは常に観る側にある。


帰り、夜は閉めておかなければいけない窓のカーテンを、起きてすぐに開けたら、左隅に白い富士山が見えていた。陸は見えず、海の上にポッカリと白い2等辺3角形が見える。船は右に進んでいて左端だから、すぐに視界から消えていくのかと思っていたら、それは少しずつ右に移動してきて、すぐに窓の真ん中になり、そのあたりから右手に黒く低い山並みが現れ、しばらくの間、富士山は見えていた。船は、だいぶ沖を大回りして東京湾をかわしていく。

富士山が視界から消えると、深緑の陸がずうっと見えるようになり、だいぶしてから、その黒い帯の中にポツリと白い建物の塊が現れてくる。陸からだいぶ離れた場所から見る黒い帯の上にポツリポツリと現れる白い建物群は、僕の持って行った双眼鏡では詳細はわからず、灯台では無いことぐらいしかわからなかったが、もしもあれだとすれば、こんなに海沿いに並んでいたのかと思えるくらい沢山あり、しばらく静かに落ち込んだ。白い建物群がなくなると黒い帯だけが続くようになり、すぐ細かな銀色の点々が重なる街の塊と、その奥に白く細く立つ観音が見えてきて、おお仙台だ。遠い沖から見ると、あの白い建物群と、この仙台の塊までは、ほぼこのぐらい(しか)離れていないのだということがわかる。国道6号線や常磐道を通って、あの白い建物群と、仙台がどれほど、どのように離れているかを、ゾッとしながら走り抜けたことが思い出される。沖から見るそのゾッとの仕方は、だいぶ地上からの体験とは違った見方の目を開いてくれた。沖から見(え)る感覚は、2次元でわかっていると思っていた僕の方向感覚を改めて点検させられた。

沖から見るとフェリー桟橋のある仙台港は、観音像の見える街からは、ずうっと東側にあった。僕の感覚ではあそこに街が見えるのなら、もう方向転換をしなければいけないと思ってからも船はどんどん進んでいく。もう、金華山が見えるのではと思うぐらいまっすぐ進むと、仙台港の防波堤と、火力発電所の煙突が現れて、頭の中の平面の地図を修正させられる。平面の地図を上から見たときと実際にその地図の上にいるときの感覚の差。


こういうのにびっくりするのと、美術鑑賞にのめり込んでいくときに起こる、世界の広がり方の楽しさ。いやはや。


 知っていることを確認することは

学ではない。

思いもよらぬことを知る

喜びが学ぶ。

2021年 2月23日

冬の青空。風少し強い。


この前の日曜に、沖縄県芸大でやった博物館教育論集中講義の成績表を郵便で送った。今年が年齢的には最終年だったのだが、この事情なので、沖縄には行かず、電脳経由。始めるまでが物理的に大変で、始まってからも不思議な状況。様々な人達に助けてもらって2日間、1日(8時半~5時半)、電脳の前に座り詰め。一応出席はしてるが、提出された課題を読むと、話は聞いていなかったんだなと思われる人も少しいた。とは言え、少し肩の荷が下りた。

次は、今週金曜、山形市に電車で行って、ハンディキャップの人たちの制作活動に関わっているT田さんの紹介で、芸工大の先生と対談をする。障害のある人たちの表現をめぐって(のはず)。対談というより、行ってまず話を聞く。

3月になると、中旬(10~12日)に愛知県豊田市美術館で、美術館教育の実践をめぐるお話をする。もう何も急ぐ事情は無いので、名古屋には少し早めに船で行くことにした。3日間話をして、帰りも船。ここまで過ぎれば、だいたい今年度の活動は終了。あ、そのあと急いで確定申告だ。全部終われば、気候も良くなるだろうから、又里山彷徨を始められる。


僕は、特に何も無い日はほぼ1日NHKのラジオを聞いている。今の日本の常識がどのあたりにあるのかがわかる。この時期、日本の教育をめぐっての話をよく聞く。日本では=NHKでは、教育は学校教育のことだ。なので=それは受験の乗り越え方のことだ。もちろん分かりやすくするため、話を端折ってはいるが、誰も、立派な大人になるためだとは言わない。立派な大人は、全員ほぼ異なる人なのだとも、言わない。全員異なる人(達)なので、話し合いが必要なのだ。ものすごく雑に言って、そのためのデモクラシーなのではなかったか。


この前、エッセイを書いてから、ずいぶん時が経ってしまった。生き方が、だいぶんと美術的になってきたようで、見ることすべてが毎回面白い。面白いと思ったことを反芻しながら繰り返し考えていると、最近は3日ぐらいはあっという間に過ぎる。いやはや。何回も言うが、見るは、常に自分の側にあるので、その基礎になる様々なことやものが、自覚されれば、同じものを見ても、毎回深さがどんどん広がっていく。自覚されるということは、良く知っているということでは無い。良く知らないことが自覚されるということも含まれる。いやはや。こういうのが、歳をとるということなのではなかったか。文章を書いているより、気になることを気になるままに見にいく方がずっと面白いに決まっているのだ。