具体的であればあるほど
それは僕の話なので、
僕以外の人には、
役に立たない。

そういう話の中で、
私たちは社会を組み立てる。

2017年11月17日
薄曇り。無風の冷たい空気。

しばらく更新しない/できないでいた。最近作文の注文が幾つかあって、珍しく集中して物を考え、まとめた。そういう作業は、既に僕には慣れないことになっていて、時間がかかった。それらはどこかのパンフレットのような雑誌に載るのだが、少し書き足してこのブログにも残しておこうと思う。

一つは、そあとの庭の人たちの企画によって、仙台市内の児童館の人たちと僕がやっていることの実況中継(記録)だ。美術館でやっていた頃なら、美術館探検本物と呼ばれることになっただろう。美術をそこでその人たちと一緒に使うとはどういうことか、の具体的な展開記録だ。こういう動き方がワークショップというものだ。

おう、既に、僕の芸術的な表現はこういう形になりつつあるのかもしれないな。


さて、小さい人たちと様々な活動をやる時のコツは、きっちりと隙間なく計画を立てることではない。「何をするのか」の覚悟のようなものだけを単純明快に決めておくことだ。

例えば今回、仙台市内のある児童館の人達と、郊外にある古い神社の裏の森で「倒れるぞう!」をする。林の中にある、本物の檜の木をみんなで切り倒してみる! ね!面白そうでしょう? そこに来た人たちと「丁寧に」相談しながらそれを体験する。今回来る人は児童館に来ている小学1年生15人、2年生5人、3年生3人、4年生2人。職員4人。全体の割合はオスの方が多い。下草刈っていない林の中に入るのみんな初めて。僕が事前に知っているのはそのくらいだ。

まず最初に林の中に踏み分け道を作りながら、ゆっくり一回り。途中で、草の中でしゃがんでみたりしながら、(職員を含めた)その人たちの「普通の林の中での反応」を(僕が)観察する。それで、午前中の1時間半は終了し昼御飯。一緒に食べて、反応を見る。食後、切ることのできる木のある林に移動し、どれを切るか探す。本物は太くて大変だし、様々な理由から、(事前に、間伐材なら切ってもいいよと神主さんから許可をもらっている)時間中に切れそうな太さの木をみんなで(実は僕が)選ぶ。とはいえ、林の中にある木はどれを選んでも梢は見えないぐらい高い。みんなでよく見ながら、あそこ(梢)がここ(地面)まで倒れてくることを想像する。何人か(全員である必要はない)の女子!が、ここにいては危ないことに気づく。
4年生は、僕が木を切る手伝い。1年生は倒れる方向にロープを引っ張り、2年生も一緒に引っ張りながら1年生が倒れて来る木に踏み潰されないように見張る。3年生は4年生と2年生の連絡をする。という「(本格的)打ち合わせ」を林の中でする。この前はそこでちょっとふざける男子がいて僕に怒られ泣き出してしまったが、泣いても僕は真面目に怒り続け、本気にならないと死ぬぞと言い続ける。みんな本気になる。こうなれば人間の幼体はなんでもできる。多分本当はこれをしたかったのかな。泣いても、ふざけられないことはふざけられない、死ぬからね。
4年生を肩車して切り倒す木のできるだけ高いところにロープを結ぶ。これ(直径10センチほどの木に太いロープを回してきつく結ぶ)ができない4年生(男子。大抵、女子が代わりにしてくれる)が多くなってきているのが気にかかるが、なんとか結ぶ。ずうっと遠くで、1、2年生がロープを引き始める。3年生がまだ引かないように言う。僕が倒れる側に斧で切れ目を入れ、鋸で反対側を切り始める。お爺さん(僕のことね)はすぐに疲れて、4年生に交代。僕は少し離れて、全体の様子を見る。さっき怒られた人を見つけておく。何人も代わりながら、大人(職員)も混じって切り、1、2年生は引っ張り、倒す。最後のあたりはみんなで耳を澄ましメキメキときたら事前に決めておいた方向に飛び退いて逃げる。ね、面白そうでしょう?いや何回やっても、本当に毎回面白い。倒れた後はみんなで枝を切り落とし、何本かに切り分け、はしごを作って木登りをしたり、丸太を薄く切ってお土産を作ったりしていると帰る時間が来る。もちろん誰もやめないが、最近はすぐに林の中が薄暗くなってくるので、熊が出る前に帰ることにする(と言ってやめる、大人の都合では止め(られ)ない。

唯一決まっているのは、木を切ること。あとはそこをみんなで目指して、その時必要な作業を様々組み立てていく。ある目標を皆んなで力を合わせて履行するが、決められた成就を目指すのではないということを、リーダーが深く自覚していればいい。単純明快な目標だけを決め、細かい計画は立てず、成就を/は目指さず、経過を重視し楽しむ自覚と覚悟。

見た目は学校の授業とほとんど同じだが、関わる子供達の目は、始める前と後では全く違ってくる。その目がみんな違った目になることに大人が気付けるといいのだが。



僕は僕。

初めから、ずうっと最後まで。

これだけはどうしようもない。
人はもともとすごく寂しいのだ。

2017年  9月 18日    
台風一過の快晴。
暖かい乾いた強い風。 

ここのところしばらく、他の人とこちらから積極的に関わるのを意識的にほっておいている。
しばらく前に、岩沼に自主的なデッサンクロッキーの会があるのを知って、今、僕は「そこにある見えるもの」を「本当に見たい」のかの確認に出かけてみたことがあるのだが、普通そこにある「ものを見る」という練習は、あまり一般的ではないようで、僕には結構面白かったのだが、一緒にやる人たちとはあんまり打ち解けなかった。みんなの中でやるためにはみんなとある程度は話し合わなくてはいけないわけで、そういうのを面倒臭がっている自分にちょっとびっくりした。僕は仕事として「美術の教育普及」をしてきていたのだな。結構好きだと思っていたのだが、。ああそれで、僕は、早く退職生活に入りたかったのかな。

ここのところしばらく、日常の報告をしていなかったのだが、何もせずぼやっと過ごしていたわけでは(残念ながら)なく、結構な頻度で、誰か他の人がプロデュースした子供との活動にかり出されていた。そうすると最近は、実際に今から活動が始まる、または始まっている時に、様々な、思いもかけないことが起こってくる。あれをしてはいけない、これをしてくれ、これをああしてそれをこうして、というような大人の都合(そうではないという理由も含めて)の申し入れ。
小さい人たちと一緒に、あることを、そのためにこうする、ということは打ち合わせ済みなのに。そして、もうその人たちとしっかり逢っているというのに。全体的にはうまくいってはいるのだが、ちょっと、何だろう、うんざり。いったい僕たちは、どちらの方向を、誰と、何のために、見て?いる?のか。
ほとんどの小さい人たちとの活動は、大人がそうしたいことをそうさせる作業ではない。そういう大人の思いを(たいてい)常に超える?ので小さい人たちとの活動は、大人にとっても面白い作業になるのだ。しばらく書いていないと、自分でも何だか重い文になってしまうような気がして嫌だが、しょうがない。

最近はほぼ毎週土曜日に仙台市坪沼八幡神社辺りに出かけて、市内の児童館の人たち一回30名ぐらいと1日遊んでいる。ここでは、本当に「(木が)倒れるぞう」ができるので嬉しい。そうすると、僕の小さい人たちとの付き合い方が、普段彼らと付き合っている館の指導員の人たちと大きく違っていて、かつ、小さい人たちは、みんな僕の話の方を一生懸命聞く、または、全く気にしないでうまく動いてくれるので、指導している大人の人たちが困る。で、その人たちに研修をしてくれないかと声がかかることになる。
合間を縫って、岩沼の家に友達が家族で遊びに来る。ちょうど良い時期が重なって、歯医者さんから点検の時期ですよという連絡ハガキが届いたので予約を取りに行く。東京に行ってしまった若い友人から、仙台に置いてある僕が譲った古いマウンテンバイク(ゲーリーフィッシャーのCR-7)が、動かなくなったようなので見てもらえないかという連絡が入る。1日目歩いて軽く見に行って撃沈。2日目バイクに少し工具を持って行ってほぼ動くようになるも完成せず。3日目車に工具を山盛り積んでいって完成。自転車修理は今の僕にとって美術制作だ。そこにあるそれでしかないもの。

というようなことを、仕事を辞めてから変えた小さい手帳に書き込むと、9月のページは真っ赤(僕は大切な予定を赤いペンで書き込む)になってしまう。

なぜか秋分の日あたりだけがすっぽり空いていた。その日スポーツランドSUGOで全日本スーパーフォーミュラが開催されるようなので見に行こうと思って調べたら1日6500円+駐車料金だったので年金生活者としてはややびびって、静かにこの文章を書いているという次第。体力が落ちていくなあ。