誤解、深読み、思い込み。

面白い毎日は、
こういう風にしてできていく。





2017年 5月20日
快晴。乾いた熱い空気。

この前、ラスコー展を見てきて以来、大地の子エイラを再び読み始めてしまった。普段は忘れているが、読み始めると、次の文章が浮かんできて、僕はほぼ暗記するくらいこの本を読んでいるんだなとわかってくる。僕が、こうしてここにいることが出来る、これまでの人間の遺伝子的な歴史が、一気に普段ぼんやりと生きている自分を、襲って、否、揺すってくる感じ。

昨日、気になっていた様々なことが、一応今日まで出来ることは一段落したので、今日こそはと、丸森耕野の「スローバブックス」発見にクロスカブに乗って出かけた。これまで何回か出かけて、見つからなかったのだ。今回は、電話で連絡もとり、すごく小さいとはいえ、メールで、地図も送ってもらい、快晴のもと出発。

途中は省くが、今回もやっぱり一回ではうまくいかず、だいぶ山奥に入ってから、諦めて直接電話して、最後の修正をしてもらって、難なく?到着。あのあたりの脇道は大抵個人の家への入り口なので、ご迷惑をかけてしまうのだ。スローバは、極私立図書館と、古本屋が一緒になったような店で、昔は蚕飼ってましたという古い木の家を少し改造して感じのいい夫婦が住んでいる。
まず、ざっと本を見せてもらったが、方向は物語の本が若干少ないのをのぞけば、僕の蔵書とほとんど同じような内容。
なので、珈琲をいっぱいもらって、持って行ったエイラの本を、広縁に座布団を敷いて読みふけった。いやはや。昼少し前だったので、お昼一緒にどうですかと誘われたのは覚えているが、なんて答えたんだか思い出せないくらい集中して読み続けた。全く静かで、良い空気が流れ、自分がここにいることを忘れるくらいいい時間が過ぎていく。どこか遠くで、彼らがお話している声が聞こえる。初め座って読んでいたのは覚えているが、気付いたら縁側に座布団を敷いて、寝そべって読んでいた。いやはや。帰りに古本を2冊買った。仙台より、安い感じがした。そんなことはないのかな。


日が傾く前に帰ってきた。いい1日だった。そこに住むのではなく、そこに行きたいところにこういう風なところを知っていることが僕の財産なんだなあと、心から思える1日だった。あ、そういえばしばらく青根の木村さんちに行ってなかったなと今思い出した。この次は青根の沢で水遊びだ。


そこにあるものは
絶えず変化していく。

だから、
両方から考えるを意識する。


2017年 4月29日  
乾いた暖かい空気。風弱く晴れ。

昨日、多賀城の歴史博物館に、ラスコー展を見に行った。シニアの入場料で買ったチケットを見ると、本来の名称は「ザ ケイヴ ペインティング オブ ジ アイス エイジ」。ジーン アウル 著「大地の子 エイラ」の愛読者としては、本来の名称の方がより見える世界が広がると思うのだが、日本名は「世界遺産ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画」。ううむ。

名前がそう着くと、そこにある全体も、その名前を補強するがのごとくになってしまう。展示物の間にある解説。展示物を理解させるための様々な道具が目ざす方向。展示物の間にいて話しかけてくる解説係の人たち。それらが、一斉に向かっている方向。僕たちの国では、本当はなんていう名前なんだろうと確認する人すらあまりいない。この展覧会も、本当の名前で言いたかったことと、日本の誰かがつけた名前の間のズレが、僕には残念だった。

あのさあ、この絵が描かれるより前、世界には絵画という表現はなかったんだぜ! 描いてあるということ自体!が、見るべきところ!  世界中の人間の中で、当時としては相当優秀なその人が、今の僕たちの3歳ぐらいの意識だった時代。やってる本人は全く気付かないままに「意識するという自覚」の全てが始まった時代。

目に見えているものを描いてみるという意識。上手い!とか凄い!とか言う前に、そもそも見ているものを見えるものにしてしまおうという意識。意識的に描くのは地球上では今の所我々だけで、描くことで意識され、そのことによって広がり確定された我々の世界観は、ついに、今のここまで来てしまった。その最初のところは、こんな風だったのだというのをこそ、今だからこそ、見たい。

もう1日経って、今日は終日、パレオを着てぼんやりと過ごしていたのだが、それでも、書き始めると、とりとめなく興奮してくる。
ものを見る時に我を忘れず、知らずに見せられている時には誰かが見たものを見ているのだということを意識できるように生きていきたい。まず、この両方とも普段全くできていないことを自覚したい。

ついこの前、美術鑑賞をめぐるテレヴィジョンの収録があって呼び出され、しばらくぶりで美術館に行った。その内容はとても大切なもので、僕など、ううむ、報道はもうここまできたのかと、感心するばかりだった。ただ、良い番組であればあるほど、そこに見える映像は、その番組のディレクターの「作品」なわけで、そこに写っているものはすべて、(美術作品風に言えば)ディレクターによって計算されそこにそう置かれたた絵の具。僕も、そこにそうあるかのごとくにいる一捻りされた絵の具としてそこにいた。公務員から足を洗ってまだ1ヶ月も経っていないのに、僕にはすごくいずかった。私は、まだ、ものを見たいのか? 意識的な見る作業を。まず体操だな。