あることを思う。

そのことは様々のことから、

そうなっている。

そしてその様々なことは

各々様々なことからなっている。

私が今いるところ。

2023年 1月 7日

乾いた冷たい空気。明るい曇天。

この年末年始の頃、僕の好物の(アメリカ本土での)アメリカンフットボールが佳境に入る。実はそうなる様に機構や組織が上手く組み立てられてはいるのだが、それにしても今年は、その佳境への入り方が面白いことになっている。ここしばらく、名前さえ忘れ去られていた様な、例えば、僕の好きなニューヨークジェッツが、今年は、なぜこの時期このポジションにというところにいて、選手権出場を懸けて戦っていたりする。

そして、駅伝だ。12月の最初の日曜日あたりから始まって、30日、1月1日、2日、3日と、続けて全日本クラスの高校、大学、実業団、男女駅伝が続く。

長く走ることを競うことを巡っては、これまで沖縄はあまり上手くいっていない。これまで大抵、47都道府県の47番目を競う。だから、なかなかテレヴィ(実況中継)に映らない。それが、今年は少し違って、高校でも、大学でも、沖縄の人たちが、最終尾の選手ではないところを走っていて、僕は、少し興奮して、今は山形にいる僕の(沖縄の美術家として知られている)娘にメールを送ってしまったりした。興奮している僕を含めて、こういう人たちー実況中継にはあまり映らない様なところで、一生懸命活動している人達ーを見るのが好きだ。小学生の終わり頃から、ずうっと陸上競技の競争の世界に関わってきていたので、勝った負けたを巡ってはもう十分だという気持ちが強い。でも、身体を十分にコントロールして、自分の限界を少し広げていく快感は知っていると思う。その上で、すべての競技を巡って、僕は、勝敗にはあまり興味がない。その運動を力一杯、一生懸命やっている人を見るのが、好きなだけのようだ。


という様な年末年始で、竹駒神社の7軒南に住んでいる僕は、この時期、物理的にも外に出られない。車を中心に身動きできないほど街が混む。入り口のお大鳥居のところまで行列をなして礼拝に来ている人達を、ちょっとした買い物に出かけ、横目で見ながら、僕の神様を思った。


普段活動している場所が、古い八幡神社の裏山なので、朝集合したら、最初にみんなでお参りをする。ただ、すでに決められている方法で(ニ礼二拍手というような)こんにちわをするのではなく、本当にそこにいる神様たちと、一緒に遊ぶんだという感じを自覚するために、お参りをする。まず、本殿の脇で、みんなに聞く。僕にも訊く。「神様っているのか?」。

僕の活動仲間は、ほぼ小学1〜5年生で、しかも、普段から僕以外にも大変注意深く小さい人たちと付き合う大人(児童館の職員ですね)と生活しているので、基本的に皆、霊長類人科の良い幼体になっている。すると相当疑り深い人でも、小さい時は、突然聞かれると、神様はいると思ってしまう。

で、それを意識的に確認すると、そういう時代、それは本当のことになってしまうので、それ以降は、神様と一緒に動くことになり、ほとんどほっておいても大丈夫になる(と、僕は信じている)。細々とあれはダメ、これはダメ、こうしなさいああしなさいと並べるより、僕たちは、今日、神様と一緒に動く、ということを自覚する方が、はるかに安全では無いかと、僕は考える。僕の神様は、そのあたりにいて、仕事をしている様だ。

 

 

私は人間だ。

少し残念だ。

でも、そういう自覚ができたのは、

少し嬉しい。

2022年11月24日

そろそろストーブを朝からつけようかと考える空気。


博物館ー僕の場合は美術館ーにおける教育普及をめぐっては、日本の場合始めにいくつか確認しておかなければいけないことがある。

社会教育と学校教育の、教育全体の中での「各館の」立ち位置の自覚

美術と図工の違いの自覚

これらがうまく検討され討論=概念の統一がなされれば、僕が感じる違和感は無くなるのではないか。それは、これまでの解説主体の博物館教育から、最近言う所の対話主体の博物館教育になるということではなく、日本の教育の中で僕がいつも感じる違和感がなくなるということだけなのだが。


「教育する、される」ということと、個人が「美術化される、なる」ということの微妙な違いを、いかに楽しく自覚するかというあたりに、「美術館での教育の存在の意義」がある様に思う。これが、学校教育の中での図工では、なかなかしにくいので、美術館教育での美術教育のダイナミックな面白さが出てくるのではなかろうか。


まず自覚しなければいけないのは、公共の美術館にある基本的な美術作品の収集は「美術の収集」で、「上手く描いてあるものの収集」ではないということだ。だから美術館に来たら、「うわあ、これ下手だあ。」と言ってよいし、「これ、絵の具の無駄遣いではないの?」と言うことが可能だ。それをみんなで言える(う)ために、あんなに様々な異なる種類の作品が、まとめて並べて飾ってあることに、気付けるといいのだが。


にもかかわらず、みんな同じにうまく見えるときは、制作年をチェック。そしてその時期に何がうまいと言われていたか考える。というようなことができると面白く、美術の深み/広がりがはじまる。


冷静に考えれば、個人の家で、美術館のように絵を飾ってあるところはない。玄関に飾ってあるのと、応接間に飾ってあるのと、階段の踊り場にあるのと、台所にあるのと、出口にあるのとが、こんなにも違うように飾れることこそが、公共の美術館の公共たる所以なのだ。まず「公立の」と断ったのはそのためで、考える基になるところだ。だから、逆に言えば、個人の館(家)では、そうではない。個人立であれば、入り口から出口まで、統一された美意識を、これでもかと展示して構わない。


美術館でやるべき(美術)教育が、なんとなく見えてきただろうか?学校では、短期間に、知るべきことをある程度まで均一に蓄積させることが目的で、社会教育では、そうして知ったことを使って、個人を個人化することが、目的になる。


というようなことが自覚されていれば、あとは各館のやり方なのです。その舘のそういうことが、なんとも納得がいかない人は、どこが納得いかないか細かく見つけるしかありません。もしかすると単に話し方が気に入らないということなのかもしれません。僕がここまで話してきたことそのものを点検しようとしている舘なのかもしれません。

新たな知識を教え知らしめようとだけするのは、まるで学校で、社会教育でそうするときは、それによって何がどのように、個人に還元されるかを意識的に公開すべきです。でも、今の日本の教育環境では、そのこと自体を自覚できないようにしているのかもしれません。


美術家は、その時のその自分の自覚をできるだけ直接視覚表現にするのが仕事です。それを広範囲に受け止めるのには、美術とはそういう為になされているものなのだという大きな自覚が、受け止める方になければいけません。そのためにも、美術館はあります。企画する方になぜ美術館があるのかという自覚が強くあれば、ここまで話してきたことは概ねなされているでしょう。